楽天カードの申込みなら『楽天カード.net』へ

<<楽天カード>>本日限定お得キャンペーン開催中!。
申込み手数料無料!年会費永久無料!は楽天カードだけ。申し込みで、もれなく 2000ポイント〜5000ポイント進呈!今日は、何ポイントかな?

還元率

楽天カードのポイント還元率は、1.0%と、現時点のクレジットカードの中では、高目と言えるでしょう。

今日のお題の、クレジットカードの見極めポイントとして、大切な項目の2番目として、還元率をあげます。
還元率とは、そのクレジットカードを使った場合に、どのくらいのポイントがもらえるか。つまり、還元してくれるか、その率はどのくらいかと言うことです。
クレジットとカードとしては、還元率の高いカードも実際に存在しますが、そのようなクレジットカードは、一般には、高い年会費がかかったりして、普通の人には、あまり良い選択とはいえないのが実情でしょう。
しかし、1年間に多くの買い物をクレジットカードで済ませたり、公共料金や、携帯電話料金の支払いをクレジットカードで全て行う人などにとっては、年会費を払っても、その分以上に多くのポイントがもらえる、特別な人もおられると思います。そのような人には、非常に有効なカードの使い方だと思います。

ポイント還元率の良い/悪いと言うことですが、一般には、ポイント還元率が1.5%以上のクレジットカードが、還元率の高いカード(良いカード)と言えるでしょう。

一般の人は、楽天カードがおススメです。ポイント還元率は、1%ですが、楽天市場で買い物をすると、購入日や、お店によっては、2%以上もの高い還元率のポイントがGETできます。また、楽天市場では、年に数回のスーパーセールを実施しています。そのときには、10%ものポイント還元をしてくれるので、楽天カードは非常におススメのカードといってよいでしょう。
posted by クレジットカードの達人 at 00:00 | クレジットカード見極めポイント

年会費

クレジットカードを選ぶための見極めポイントを記載したいと思います。
第一のポイントは、年会費です。(ちなみに、楽天カードは、年会費無料です。)
年会費が必要なクレジットカードは、ポイント還元率が高いなどの特徴で集客をしていますが、ポイント還元率というのは、カードを使う、つまり何らかの内容でお金を使わないと、ポイントがたまりません。
従って、年会費を払ってまで持つことが本当にお得なのかを、よく見極める必要があります。

例えば、年会費無料で、ポイント還元1%の楽天カードと、年会費2000円で、ポイント還元率1.5%のクレジットカードがあったとします。そのクレジットカードの獲得ポイントが、年会費分のポイントの差額0.5%を獲得できるのは、年間の支払いが40万円で、やっと年会費分をポイントの差で取り戻せたと言うことになるでしょう。

つまり、上記の仮の条件では、クレジットカードの使用が年間40万円に満たない場合は、ポイントをもらっても、年会費分をまかなえないと言うことになります。
その一方で、年間40万円以上の使用が出来れば、年会費を払ってもお得と言うことです。ただし、ポイントを全て使う(何らかの還元に全部使える)ことが、条件です。

このように、ポイント還元率が高いと言うことで、安易に飛びつかないようにしないといけません。
そのためには、年会費無料!。ポイント還元1%の楽天カードと比較して、
1.年会費分のポイントを獲得するための、損益分岐点というか、いくら以上の使用金額で、お得になるか計算する必要があります。
2.次に、あなたの年間のクレジットカード使用料金がその金額に達するかのデータが必要です。改めて言う必要はないと思いますが、その分岐点に届かせようとして、無理な、無駄な買い物(クレジットカードの使用)は、愚の骨頂です。

年会費を支払うクレジットとカードを選ぶときは、このようなポイントをおさえておきましょう。

楽天カードは、年会費無料です。しかも、楽天カードは、カード申込み手数料も無料です。
posted by クレジットカードの達人 at 21:15 | クレジットカード見極めポイント

クレジットカードのポイント交換時の注意事項

クレジットカード業界のポイント勢力は、現時点では、大きく2つの勢力に分かれる。ひとつが楽天スーパーポイントともうひとつがYahoo!ポイントである。
各クレジットカードの交換ポイントがこのどちらかに近いかで変わるので、調べておきたい。
楽天系カードは、ANAカードが楽天カードとの相互交換が可能。その他、セディナカード、三井住友VISA、三菱UFJニコス、ライフカードなどからは、楽天スーパーポイントへの交換が有利。また、Edyも楽天スーパーポイントhの交換に有利だ。
一方、Yahoo!ポイントには、JALカードとの相互ポイント交換が行える。また、JCBカード、三菱UFJニコスカード、オリコカード、ポケットカードなどがYahooポイントへの交換が有利な条件で交換できるようだ。

提携カードの数により、様々な種類が存在するポイント制度であるが、例えば、Yahoo!ポイント1ポイントを、Suicaポイントに変更すると、0.85ポイントに減少する。この逆も0.85ポイントに減少する。このように交換ポイントが減少するカードも少なくない。

せっかくためたポイントであるが、その交換時点において、その価値が減少しないように、いろいろな知識を身につけておきたいものである。

そこで、ポイント交換のときに手っ取り早くポイント交換ルートをチェックするなら、専門サイトのポイ探が便利だ。

楽天カードは、その点ではメインとなるカードにしたいものである。

posted by クレジットカードの達人 at 12:19 | クレジットカードの罠

リボ払いの注意点−その2

リボ払いがお徳ではないことは、前回の記事でも書きましたので
読んでいただければと思います。

もうひとつ注意したいのが、カードを作成した時点、
つまり初期設定で、リボ払いになっているケースも
ありますので注意が必要です。
これには、カードが手元に届いた時点で、すぐに
初期設定時点でリボ払い設定になっていないことを
確認しましょう。

繰り返しになりますが、リボ払いはお得キャンペーンに
申し込むときは、本当にお得なのかを良く見極めてから
決めましょう。
posted by クレジットカードの達人 at 18:37 | クレジットカードの罠

リボ払いには要注意!

クレジットカードを使うときに、リボ払いを奨励するCMや広告を良く見かけます。中には、ポイントプレゼントやキャッシュバックと言う、おいしい言葉でユーザーの目をくらませることに注意しないといけません。
リボ払いは、毎月一定の金額を支払うので家計の管理がしやすいのですが、複数の商品を購入すると、どれがどの商品の支払いかを把握しにくくなり、金銭感覚が麻痺する恐れがあります。
また、支払い期間が長引く分、利息も膨らみ、長い目で見ると家計への負担がとても大きくなることに、k塚ないといけません。
まずは、リボ払い利用で一定額のポイント付与やポイント倍増と言うキャンペーンですが、リボ払いの利息のほうが、大きいと言おう事がほとんどです。つまり、利息支払い分が多いということは、クレジットカード会社の儲けが多くなり、カード会社にとっては、おいしい商法のひとつになっています。


<<リボ払いのシミュレーションをして見ましょう。>>
条件は、20万円を毎回1万円づつ返済した場合。年利は、仮に15%として、元利定額の場合。手数料は、残金×0.15(利息15%)÷12(12ヶ月/年)で計算。

支払い回数1回目 元本支払い金額7500円 利息2500円 ⇒支払い合計1万円
支払い回数2回目 元本支払い金額7594円 利息2406円 ⇒支払い合計1万円
支払い回数3回目 元本支払い金額7689円 利息2311円 ⇒支払い合計1万円
支払い回数4回目 元本支払い金額7785円 利息2215円 ⇒支払い合計1万円
支払い回数5回目 元本支払い金額7883円 利息2117円 ⇒支払い合計1万円

↓(途中省略します)

支払い回数10回目 元本支払い金額8388円 利息1612円 ⇒支払い合計1万円


支払い回数20回目 元本支払い金額9497円 利息503円 ⇒支払い合計1万円

支払い回数23回目 元本支払い金額9858円 利息142円 ⇒支払い合計1万円
支払い回数24回目 元本支払い金額1557円 利息222円 ⇒支払い合計1779円

これで返済終了。これまでに支払った利息分は、実に3万円以上にもなります。
ポイントで、もれなく1000ポイントなどと言ってポイントをもらっても、利息のほうが数倍も数十倍も多いことがお分かりになるでしょう。

返済金額が20万円もの金額だからと言われる人も、おられるかと思いますが、仮に10分の1の、2万円だとしても、利息分は、10分の1の、3000円です。銀行に1年間預金をしていて、3000円の利息をもらうには、大手銀行の定期預金でも100万円以上の預金が必要なくらいです。

リボ払いは、一見よさそうに見えますが、あなたの家計を圧迫しています。クレジットカードで支払うときは、一回払いにしましょう。一回払い出来なければ、購入を我慢しましょう。お金をためてから購入することが、結果的にあなたの一生において、無駄なお金を使わない方法だと管理人は思います
posted by クレジットカードの達人 at 18:29 | クレジットカードの罠
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。