リボ払いには要注意! 楽天カードの申込みなら『楽天カード.net』へ

<<楽天カード>>本日限定お得キャンペーン開催中!。
申込み手数料無料!年会費永久無料!は楽天カードだけ。申し込みで、もれなく 2000ポイント〜5000ポイント進呈!今日は、何ポイントかな?

リボ払いには要注意!

クレジットカードを使うときに、リボ払いを奨励するCMや広告を良く見かけます。中には、ポイントプレゼントやキャッシュバックと言う、おいしい言葉でユーザーの目をくらませることに注意しないといけません。
リボ払いは、毎月一定の金額を支払うので家計の管理がしやすいのですが、複数の商品を購入すると、どれがどの商品の支払いかを把握しにくくなり、金銭感覚が麻痺する恐れがあります。
また、支払い期間が長引く分、利息も膨らみ、長い目で見ると家計への負担がとても大きくなることに、k塚ないといけません。
まずは、リボ払い利用で一定額のポイント付与やポイント倍増と言うキャンペーンですが、リボ払いの利息のほうが、大きいと言おう事がほとんどです。つまり、利息支払い分が多いということは、クレジットカード会社の儲けが多くなり、カード会社にとっては、おいしい商法のひとつになっています。


<<リボ払いのシミュレーションをして見ましょう。>>
条件は、20万円を毎回1万円づつ返済した場合。年利は、仮に15%として、元利定額の場合。手数料は、残金×0.15(利息15%)÷12(12ヶ月/年)で計算。

支払い回数1回目 元本支払い金額7500円 利息2500円 ⇒支払い合計1万円
支払い回数2回目 元本支払い金額7594円 利息2406円 ⇒支払い合計1万円
支払い回数3回目 元本支払い金額7689円 利息2311円 ⇒支払い合計1万円
支払い回数4回目 元本支払い金額7785円 利息2215円 ⇒支払い合計1万円
支払い回数5回目 元本支払い金額7883円 利息2117円 ⇒支払い合計1万円

↓(途中省略します)

支払い回数10回目 元本支払い金額8388円 利息1612円 ⇒支払い合計1万円


支払い回数20回目 元本支払い金額9497円 利息503円 ⇒支払い合計1万円

支払い回数23回目 元本支払い金額9858円 利息142円 ⇒支払い合計1万円
支払い回数24回目 元本支払い金額1557円 利息222円 ⇒支払い合計1779円

これで返済終了。これまでに支払った利息分は、実に3万円以上にもなります。
ポイントで、もれなく1000ポイントなどと言ってポイントをもらっても、利息のほうが数倍も数十倍も多いことがお分かりになるでしょう。

返済金額が20万円もの金額だからと言われる人も、おられるかと思いますが、仮に10分の1の、2万円だとしても、利息分は、10分の1の、3000円です。銀行に1年間預金をしていて、3000円の利息をもらうには、大手銀行の定期預金でも100万円以上の預金が必要なくらいです。

リボ払いは、一見よさそうに見えますが、あなたの家計を圧迫しています。クレジットカードで支払うときは、一回払いにしましょう。一回払い出来なければ、購入を我慢しましょう。お金をためてから購入することが、結果的にあなたの一生において、無駄なお金を使わない方法だと管理人は思います
posted by クレジットカードの達人 at 18:29 | クレジットカードの罠
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。