クレジットカードのポイント交換時の注意事項 楽天カードの申込みなら『楽天カード.net』へ

<<楽天カード>>本日限定お得キャンペーン開催中!。
申込み手数料無料!年会費永久無料!は楽天カードだけ。申し込みで、もれなく 2000ポイント〜5000ポイント進呈!今日は、何ポイントかな?

クレジットカードのポイント交換時の注意事項

クレジットカード業界のポイント勢力は、現時点では、大きく2つの勢力に分かれる。ひとつが楽天スーパーポイントともうひとつがYahoo!ポイントである。
各クレジットカードの交換ポイントがこのどちらかに近いかで変わるので、調べておきたい。
楽天系カードは、ANAカードが楽天カードとの相互交換が可能。その他、セディナカード、三井住友VISA、三菱UFJニコス、ライフカードなどからは、楽天スーパーポイントへの交換が有利。また、Edyも楽天スーパーポイントhの交換に有利だ。
一方、Yahoo!ポイントには、JALカードとの相互ポイント交換が行える。また、JCBカード、三菱UFJニコスカード、オリコカード、ポケットカードなどがYahooポイントへの交換が有利な条件で交換できるようだ。

提携カードの数により、様々な種類が存在するポイント制度であるが、例えば、Yahoo!ポイント1ポイントを、Suicaポイントに変更すると、0.85ポイントに減少する。この逆も0.85ポイントに減少する。このように交換ポイントが減少するカードも少なくない。

せっかくためたポイントであるが、その交換時点において、その価値が減少しないように、いろいろな知識を身につけておきたいものである。

そこで、ポイント交換のときに手っ取り早くポイント交換ルートをチェックするなら、専門サイトのポイ探が便利だ。

楽天カードは、その点ではメインとなるカードにしたいものである。

posted by クレジットカードの達人 at 12:19 | クレジットカードの罠
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。